2013年10月07日

裕子さんの親孝行食事会

「いちおうフォーラムに・・・」の後日談(1)です。

先の伊丹のフォーラムで、しっかりと登壇して役割を果たしてきた裕子さん。
その時の様子はこちらで・・・。
http://yuuko-nenne.seesaa.net/article/375519830.html

この時にいただいた講師料を持って、この日裕子さんが向かった先は「鮨 饗庭」。
お母さんと、学校時代の恩師を招いて、感謝の気持ちを伝えようと・・・。

五十嵐は一緒じゃなかったのですが、このお店、相当美味しかったようです。噂では、プリンスホテル出身の職人が調理しているとか。

20131006a.jpg
前菜(たぶん)

20131006b.jpg
茶碗蒸し(おそらく)

フォーラムの時の写真を、お二人にプレゼントして、「わたしも、やるときゃ、やるのよ」とアピール(たぶん)。
主催者さんからいただいたフォーラムを聴きに来た方たちのアンケート結果を、お二人に見せて、「わたしも、ちょっと役に立っているのよ」とプチ自慢(おそらく)。
・・・でも、きっと裕子さんは食べるのに夢中だったのでしょう。

20131006c.jpg
メインは、もちろん鮨

20131006d.jpg
そしてデザート

他に、天麩羅なんかも出た模様。

You Tubeにアップされている、登壇している裕子さん映像も観てもらって、食事会は終わったそうです。

裕子さん、何のための食事会だったか、わかってる? お母さんと、お世話になった先生に、ありがとうございます、を伝える食事会だったんだからね。

たぶん、裕子さんは、そーーーんなこと、ちっとも気にしていなかったのでしょう。
でも、お母さんと、お世話になった先生には、ちゃんと伝わったように思います。
登壇しながら眠ってしまった裕子さんの映像を観れば、むかしと変わらない愛すべき裕子さんがそこにいるのですから。
「ありがとうございます」よりも、美味しそうに食べる元気な裕子さんの姿が、きっと一番の親孝行なのでしょうから。

裕子さんのお母さん、恩人の先生、そして裕子さんのそばにいてくれたみなさん、裕子さんに代わって感謝感謝です。

ありがとうございます。

みなさんが大切にしてくれた裕子さんは、とにかく自由に元気に暮らしています。
posted by 五十嵐正人 at 11:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

いちおうフォーラムに・・・(4) 最終日、台風の後を追うように

伊丹シティホテルにも、感謝、感謝です。
いろいろ、良くしていただき、快適に過ごすことができました。

16日はホテルで朝食をすませて、帰路につきました。
とはいっても、台風は北上中。それなのに我が家の4人は、まだまだ遊ぶ気満々。
過ぎていった台風を追い抜かないように、台風一過の京都に立ち寄りました。

20130916a.jpg
京都駅ビル

遅れたり止まったりの電車を乗り継いで、昼頃に京都駅に到着。外は晴れていたのですが、嵐山などで大きな被害が出ていたようです。

20130916b.jpg
駅ビルで昼食

帰りの新幹線は指定をとっていたので、時間は限られていました。そこで、観に行く先は一カ所、三十三間堂に絞ってタクシーに。

20130916c.jpg

ズラーッと並んだ仏像に圧倒されたのか、そっちを見ないようにしていた裕子さん。
「最前列の仏像は、毎年総選挙で選ぶんだよ」という僕のボケを、完全スルーして仏像に観入っていた弓子さん。
もちろん「今年のセンターは千手観音なんだ」というボケもスルーされました。

20130916d.jpg
京都タワー

数十分遅れて到着した新幹線に乗って、いよいよ東京へ。

20130916e.jpg
帰りは多目的室を使えました

我が家の旅行は、いつでもそれぞれに楽しかったポイントが違っています。研修旅行ではなく、年間計画に沿った行事でもなく、今回の家族旅行も「せっかくだからみんなで行こうか」という旅だったからなのでしょう。
障害者として大切とされている個別支援計画や利用計画よりも、人としてずーっと大切な無計画や行き当たりばったり。裕子さんも弓子さんも小島も五十嵐も後者なので、これからもこのゆるーい感じを大事にしていきたいと思います。

旅行の間お世話になったすべてのみなさん、
本当にありがとうございました。
おかげさまで、ご機嫌な時間を過ごすことができました。
これからも、よろしくお願いします。

そして台風の後を追うようにして、雨に濡れることもなく、夜中に帰宅。
いちおうフォーラムに参加してきたことは間違いがない観光旅行は、こうして終わりました。

翌朝、庭を確認すると・・・。

20130916f.jpg

午前中、五十嵐はいろいろな物が飛んだり、折れたりしている庭の片づけ。
弓子さんは、僕らの「疲れているんだから、今日は園をお休みしよう」という声には耳も貸さずに、お土産を持って元気に登園。
小島は、旅行の荷物を解いたり、旅の間の汚れ物を洗濯したり。
みんな大忙し・・・。
なーんて関係なく、裕子さんは起きる気配もなく・・・。
午後にはご利用の方もいらして、いつもと変わらない一日が始まっていました。
posted by 五十嵐正人 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | あっち、こっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

いちおうフォーラムに・・・(3) 二日目、いよいよ裕子さんは!

弓子さんと小島が大阪観光を楽しんでいるその時、裕子さんと五十嵐は「誰もがくらせる地域づくりフォーラム2013」の会場、いたみホールにおりました。
今回の旅のメイン(のはず)の会場です。

開会の10時に間に合って、二人は到着。さっそく裕子さんには、この日担当してくれる、優しそうでしかも若い、つまり裕子さんの大好物なヘルパーさんが二人、ついてくれました。主催者である、「しぇあーど」さんのスタッフです。

裕子さんと五十嵐の出番は午後の2時10分から。それまでには企画が二つ。
一つ目はこのフォーラムのメインと言っていいでしょう。NPO法人リターンホームの大山良子さんと、りべるたす株式会社の伊藤佳世子さんによるお話し『「暮らす」というコト』。
お二人の、やるときゃやるぜ!な日々については、医学書院のホームページで連載されている「おうちにかえろう」(URLは下記です)でお読みください。
http://igs-kankan.com/article/2013/05/000758/

昨夜は一睡もせず、要するに絶好調の裕子さん。いつもだと、我が儘モード全開で、会場になどいられないのですが・・・。

20130915ba.jpg
写真提供 しぇあーど
http://www.kangaeyo-kai.net/

うれしそうに、大山さんと伊藤さんのお話しを聞いています。
お話の内容はとても深くて、とっても重い事柄も話されていたのですが、お二人の声が心地よかったのでしょう。この笑顔です。
講演会の類は大嫌いで、いつもは大騒ぎして、退室するのが常の裕子さんですが、この日の裕子さんは別人のようでした。

優しそうで若い二人にご飯を食べさせてもらって、午後の部の最初は『お楽しみコンサート「前例がなければつくればいい」』。
青野浩美さんの歌と、新真由美さんのピアノです。
これ、すっごくよいです。しぇあーどさんのテーマ曲「生れてくれてありがとう」のお披露目だったのですが、YouTubeにその映像があるので、どうぞ下記をクリックしてお聴きください。裕子さんの声も聞こえてきます。
生れてくれてありがとう

歌詞の意味なんてまるでわからないけれど、裕子さんにはそんなことは関係ないのです。一緒に歌いたいと思ったのでしょう。青野さんの歌声が、なんだかうれしくて、うれしくて・・・。

ご機嫌なまま2時10分を迎えた裕子さん。
いよいよ、五十嵐と揃って登壇しました。これから一時間ほど、ばおばぶのこととか、裕子さんのこととかを話すのですが・・・。
これまで裕子さんと一緒に登壇すると、真面目なことが超苦手な裕子さんは、5分ともたずに大騒ぎをしてステージを下り、そのまま退室・・・。この日も二人並んでステージ上にスタンバイすると、さっそく「あっちいけー!」とばかりに、五十嵐を手で押して追い払おうとします。
司会の人に紹介されて、僕ら二人の時間がはじまりました。
裕子さんが退室になるまでの大騒ぎ時間を稼ぐために、最初は当たり障りのない、どうでもいい話しをするのですが、意外に静かな裕子さん。
これは、真面目な話しをしている時に大騒ぎがはじまる、最悪のパターンかな・・・、と心の中で諦めながら、五十嵐は本題に入り始めました。
「理解なんていらない。ぼくら普通に暮らしながら、相手のことなんて理解していなくても一緒に暮らしたり、遊んだりしてるでしょ。どうして障害を持つ人相手だと、理解なんていうことを持ち出すのでしょう・・・」みたいなことを話していたのですが、やっぱり静かな裕子さん。
な、なんと、眠っているではないですか!

証拠写真!

20130915bb.jpeg
写真提供 伊藤さん@りべるたす株式会社
http://www.libertas-mail.jp/

お前は、高田渡か! というツッコミをグッとおさえて・・・。
やられました。まさか眠ってしまうとは・・・。
でも、考えてみると、僕がこの日話したこと、たとえば「理解なんて無くても一緒にいられるんだぜ」みたいなことは、つい数十分前に「歌詞の意味が分からなくても一緒に歌いたければ歌えばいいんだ」と裕子さんが見せてくれていたことです。
僕が話していることなんて、裕子さんや弓子さんや、うちに来てくれるみんなが日々見せてくれて、教えてくれていることであって・・・。
と、すると、裕子さん的には「私達が日々教えていることを、五十嵐はちゃんと話せているかな」という監督気分なのでしょう。
寝てるっていうのは、「まぁ、ちゃんと話せているみたい」と安心したっていうことで・・・。
この時の、眠りにつく裕子さんと、まじめに話しをする五十嵐の図も、YouTubeでご覧いただけます。
下記の「しぇあーど」さんのページで、どうぞ。
http://www.kangaeyo-kai.net/chiiki/chi130922_1.html
裕子さん&五十嵐は17番と18番です。

フォーラムは、オオトリのお話し、西宮市社会福祉協議会の清水明彦さんの『「白い革命」というモノ』で終了しました。
「保護的に始末する装置から共に逃げ、相互の主体性に向かう」とか、とっても共感できる内容でした。

ロビーでは、素敵な本やカレーや、あれこれが売られていました。
『三人暮らし』の本も、フェミックスのカンノさんが販売をしてくださいました。
ありがとうございました。
フェミックスのホームページはこちらです。
http://www.femix.co.jp/
我が家でも講読している雑誌『We』や、素敵な書籍を発行しています。

20130915bc.jpg
フェミックスのカンノさん

20150915bf.jpg
おのくん人形は完売でした

写真のチラシは、「おのくん」のご案内です。残念ながら、本体(本人)を購入できなかったので(里親になれなかったので)、チラシで紹介します。
「おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の住処であった奥松島の復興を願って生まれたキャラクター人形です」とのことです。
ホームページがあるので、どうぞご覧ください。
http://socialimagine.wix.com/onokun
我が家では、帰宅後FAXで申込みました。届くのが楽しみです。

フォーラムの様子については、いらした方たちのブログで、もっとちゃんと見ることができます。わかる範囲でお知らせします。

ニーマンピック病C型(NPC)〜脳が消えてなくなっていく病気
http://blog.canpan.info/npc-nana/daily/201309/16

たいちゃん(筋ジス)と私の物語
http://plaza.rakuten.co.jp/warm318embrace/diary/201309160001/
http://plaza.rakuten.co.jp/warm318embrace/diary/201309180000/

オカンのボランティア日誌
http://okan0327.blog29.fc2.com/blog-entry-1319.html

かなこのブログ
http://ameblo.jp/kana-v0u0v-k/entry-11615275697.html

さてさて、フォーラム終了時には、大阪観光を楽しんでいた弓子さんと小島も会場に合流しました。
そして、我が家の4人はそろって、懇親会へ。

20130915bd.jpg
ビールも美味しかった長寿蔵

なんだか、とっても有意義なフォーラムでした。
同じ時間を共有した人達が、集まって・・・。
って、当たり前のようにビールを飲んでいる弓子さんと小島は、大阪観光をしていたわけで。会場にいた裕子さんも、肝心な時に寝ていたわけで・・・。なのに、自分が主役のような顔をしてビールを飲んでるし。

みなさん、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
こんな四人暮らしの我が家ですが、今後ともよろしくお願いします。

そして、主催のしぇあーどさんは、10周年とのこと。
おめでとうございます!
posted by 五十嵐正人 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あっち、こっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

いちおうフォーラムに・・・(2) 二日目、弓子さんは食い倒れ?

「アントン」を出て、裕子さん、弓子さん、小島は明日に備えてホテルへ。
五十嵐は明日のために主催者の人達と最終打ち合わせ・・・。奄美料理と黒糖焼酎の店「きゅらむん」へ。
あれを飲んだり、これを飲んだり、奄美の島唄のライブを聴いたり・・・。
沖縄、奄美あたりの音楽を大好きな裕子さんにも聴かせたくて、歌っていた人のCDを買っちゃいました。

20130915aa.jpg
サインをしてもらいました

ミュージシャンは里歩寿(サト アリス)。2010年にそれまで誰も破ることのできなかった、奄美民謡大賞の最年少受賞記録を更新(当時高校2年生)した人とのこと。ちなみに記録を破られたのは元ちとせ。

充分過ぎる打ち合わせを終えて、五十嵐もホテルへ。
さてさて、裕子さんがまだ起きていたのは想定内。この時点で、ちょっと気がかりなのは弓子さんも眠れずにいたこと。裕子さんが元気一杯。静かに一人で起きていればよいのですが、アッキュー、ギャッギャー。その声で、弓子さんもゆっくり眠れていない様子。
と、いうことで、五十嵐が裕子さんを寝せる係に。
「明日、みんなの前で、お話しするんだよ」とか「弓ちゃんが寝られないから、静かーにネンネしよう」などなど説得して数時間。
裕子さんと五十嵐は一睡もせずに朝を迎えたのでした。

朝食を終え、雨が降りだしそうな空の下、裕子さんと五十嵐はフォーラム会場の「いたみホール」へ。
そして、弓子さんと小島は・・・。夕方の合流まで、それぞれの目的地へ。

弓子さんと小島の最初の目的地は歩いて行ける距離の教会です。
お母さんがご存命の時は、弓子さんも一緒に教会の日曜礼拝などに行っていました。そんなわけで、弓子さんと旅行に行くときには、可能な限りその地元の教会に行くことにしているのです。
この朝行ったのは、「王たるキリストカトリック教会」。少し遅れて日曜礼拝に入ったそうです。

20130915ab.jpg

20130915ac.jpg

教会を出た頃からは雨が強くなってきたとか。
なにしろ台風18号が来ていました。究極の晴れ女の裕子さんは、その頃は濡れる心配のない「いたみホール」の中なので、外はもう大変。
傘の骨を折りながら阪急伊丹駅へ。

梅田に着くと、いよいよ弓子さんと小島の旅のクライマックス、食い倒れ!
「弓ちゃん、何食べようか?」と小島が聞いたとか・・・。
お好み焼きかな? 串カツかな? ホルモンかな? と、弓子さんの答えは・・・。
「お寿司が食べたいね」

20130915ad.jpg
魚は和歌山産

まあ、江戸前と上方の違いもあるし、大阪ならではの料理と言えなくもないし・・・。

雨に濡れないように、阪急うめだ本店で、お土産探し。弓子さんの事を気にかけてくれる山形のおばさんや、なかなか会う機会のない人へのお土産を郵送しました。

午後は、大阪歴史博物館へ

20130915ae.jpg
20130915af.jpg
窓の向こうに大坂城

20130915ag.jpg
難波宮のフロアで

後で小島に聞くと、弓子さんはしっかりと歩き通したとか。
夜、あまり眠れなかったはずなので、ちょっと心配だったのですが。
弓子さん、やる時はやる人です。

その後、二人は、裕子さんと五十嵐がいる「いたみホール」へ。4人合流したのでした。
さて、それまで裕子さんはどうしていたのかというと・・・。
それは、次の記事のお楽しみ。
posted by 五十嵐正人 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あっち、こっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

いちおうフォーラムに・・・(1) 初日は有馬温泉へ

2013年9月14〜16日、我が家は揃って兵庫県方面に行きました。
森山裕子さんと五十嵐が15日に伊丹市で行われる
誰もがくらせる地域づくりフォーラム2013
で、1時間ほど話すことになりまして・・・。
それなら一家揃って4人で行こうと・・・。

気がつくと、ほぼ観光旅行になっておりました。

20130914a.jpg
生れて初めて電車に乗った少年のように、裕子さんは大盛り上がり

東武野田線から常磐線に乗り換えて、上野駅から東京駅へ

20130914b.jpg
ホームのエレベーターは渋滞中
20130914c.jpg
東京駅

昼御飯は新幹線の車内で駅弁。

20130914d.jpg
弓子さんはシューマイ弁当

大騒ぎになりがちな裕子さんは、新幹線では多目的室という個室をお借りします。でもこの日は他にご利用の方が・・・。
座席に座っていると大声で、他のお客さんに申し訳ないし・・・。
と、悩んでいると、車掌さんが乗務員室を空けてくれました。

20130914e.jpg
生れて初めての乗務員室

乗務員室の中にいてドアを閉めていたのですが、元気な裕子さんの声は二輌先でも聞こえていました。

新大阪到着後は、伊丹と尼崎と西宮の区別がつかない五十嵐のミスで、乗り換えを失敗。予定よりも遅れて目的地の伊丹駅に到着。
レンタカーを借りて、有馬温泉へ。

20130914f.jpg
太閤の湯

20130914g.jpg
金泉、銀泉の後はサイダーのソフトクリームと
20130914i.jpg
ご当地サイダー

この日の観光はこれにて終了。
伊丹市に戻って、明日のフォーラムの人達と前夜祭。
会場は鹿肉で有名なイタリア料理店「アントン」。
http://www.r-anton.com/

20130914k.jpg
美味しい料理と
20130914j.jpg
愉快な人達

いつもは小島を取り合う裕子さんと弓子さん。
しかしこの時の弓子さんは、一味違っていました。
「サエキさん」にボケたり、「シノハラさん」にツッコミを入れたり・・・。
はじめての場所や、はじめての人達の前だと、緊張のあまり「コジマさん、コジマさん」と助けを求める弓子さんが、この夜はリラックスでマイペース。
僕らにも、ちょっとうれしい一面を見せてくれた弓子さんでした。

裕子さんの方は、大きなネコを被っていたのか、美味しくて食べるのに夢中だったのか、静かなモード。
それでもしっかりビールを飲んで、楽しい時間を過ごしました。

・・・いよいよ、明日はフォーラム。
裕子さんと五十嵐は会場の、いたみホールへ。
弓子さんと小島は、大阪観光へ。
次の記事で、紹介します。

追記
以前、柏で行われたまちづくりのイベントのおりに聞いていた「鳴く虫と郷町」。実物をはじめて体験しました。

20130914l.jpg
「アントン」の玄関にも鈴虫が
posted by 五十嵐正人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あっち、こっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

裕子さん、障害者総合支援法を使ってみた

裕子さん、はじめての支援法利用は、「特定非営利法人 ホリデー」さんでした。
ホリデーさんのページはこちら。
http://members3.jcom.home.ne.jp/0075jymt/

先日、契約にきてくれたヘルパーさんが来てくれました。
そして2時間の外出。
はじめてなので、まずはいろんな裕子さんを体験してもらおうと、行き先は近所のレストラン。夕食を食べに連れていってもらいました。
裕子さんはハンバーグを食べたとのこと。ちゃんと食べて、それからトイレにも行って・・・。緊張とか、そういう感じのことは何もなかったようです。
時間が余ったようで、帰り道、キラキラした街並みのところをドライブしてくれたようです。事前にキラキラが好きと伝えておいたことを、ヘルパーさんが覚えていてくれたのでしょう。

そして、帰宅時の玄関の様子。

20130906.jpg

ヘルパーさんを帰そうとしない裕子さんの図です。

これまで、支援者とか、職員とか、ヘルパーとか、普通名詞で呼ばれる人達との人間関係を、極力避けてきた裕子さん。
普通名詞のではない、一人の人間としての人間同士の繋がりがいっぱいあって、それをまず大切な「ひとつ」として生きてきた裕子さんにしてみると、この支援法利用は「もうひとつ」。
なんとなく、スムーズに「もうひとつ」を持てそうな感じがします。

こんな裕子さんですが、懲りずに、よろしくお願いします。
posted by 五十嵐正人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

サザエ!

暑い日が続きます。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

先日、弓子さんはお兄さんとドライブを楽しんできました。
茨城の海の方に行ってきたとのこと。
お土産にサザエをいただきました。

と、いうわけでさっそくその夜、サザエを・・・。
壺焼きにしようと思ったのですが、我が家はIH。
立派なサザエなのでグリルには入らず、IHで網焼きはできるのだろうか・・・。
いっそうのこと、電子レンジで・・・。

いろいろ悩んだ結果、IHにフライパンを置いて少しばかり酒蒸しに。

20130807a.jpg

それから、そのままフライパンで壺焼きにしました。
味付けは、醤油だったり、バターだったり、先に「にんにくを収穫」の記事に書いた、
http://yuuko-nenne.seesaa.net/article/366662061.html
ニンニクを醤油につけた、そのニンニク醤油も大活躍。

さっそく、四人で食べました。

いっぱいあったので、食べている途中でだんだん冷たくなってきました。
そこで、

20130807b.jpg

バターソテーして、庭の大葉をちぎって散らして・・・。

ぜーんぶ、美味しくいただきました。

ドライブにサザエに、弓子さんにも僕らにも楽しい一日でした。
感謝、感謝です。
posted by 五十嵐正人 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

裕子さん、障害者総合支援法を使う(予定)

これまで障害者自立支援法の生活支援を、まったく使わないで来た森山裕子さん。今度、ちょっと使ってみようか、ということで、村上弓子さんが使っていて、お気に入りの事業所さんに契約にきてもらいました。

20130712b.jpg

我が家のモットーは、一つの制度などに縛られずに、つねに「もうひとつ」を求め続けよー、みたいなことです。ですから、裕子さんがこれまでいっさい、障害者自立支援法の生活支援を使ってこなかったのは、使わないと決めていたからではなく、単純に使う必要がなかったからなのです。
制度は権利だ、みたいな感覚でどんどん使っていくと、やがて制度なしには生きられなくなって、けっきょく制度の奴隷、みたいになってしまう、そんなのは、真っ平御免です。制度は「もうひとつ」として、使いたい時に使えばいい。そして日常的には制度なんて関係ない、当たり前の人間関係の中で生きていけばいい。それがスタンスです。

だんだん五十嵐も小島も年をとってきて、急に裕子さんを誰かに預けなければならないこともあるかもしれない。そんな時の事を考えて、お互いに慣れていくことも兼ねて、使ってみようかと・・・。
ところが、肝心の裕子さんときたら・・・。

20130712a.jpg

事業所の人が重要事項を説明している時も、DVDの方が楽しくて・・・。

実際に使ってみるのはまだ先ですが、これが、裕子さんにとっていい感じの「もうひとつ」になれば、と思います。

くれぐれも、気がついたら裕子さんのまわりにいるのが「支援者」とか「事業者」とか「職員」とかばっかりになっていないように。小島や、弓子さんや、○○さんや、△△くんや、・・・五十嵐や、それからたまに「事業所」さん、であるように。
posted by 五十嵐正人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

にんにくを収穫

昨年、ありがたいことに何人かの方からニンニクをいただきました。
醤油につけたり、自家製食べるラー油に使ったり、美味しくいただきました。
そのおりに、試しに数粒を庭に植えてみたのですが・・・。

20130617a.jpg

みごとに、収穫できました!
左の葉っぱ付きの小さいのは、何度か茎や葉っぱを切って食べたものです。
葉っぱが枯れるまで切ることなくほったらかしにしていたニンニクは、とっても大きく育っていました。

数カケ、生ニンニクのまま焼いて食べたのですが・・・。やっぱり臭い込みで、ニンニクは美味しい。臭い込みのニンニクは美味しい!

とは言ってもいっぺんには食べきらないので・・・。

20130617b.jpg

醤油漬になりました。
posted by 五十嵐正人 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

一日早いけれど、父の日です

20130615a.jpg

突然、去年行われた父の日。
今年も!
一日早いけれど、今年もありました。

弓子さんは、ケーキにフルーツを飾ったりしてくれたそうで、
裕子さんは、弓子さんと小島の邪魔をしない係を、ちゃんとしてくれたそうで、
大好物のいなり寿司があったりして、

20130615b.jpg

めでたし、めでたし。
posted by 五十嵐正人 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。