2013年09月23日

いちおうフォーラムに・・・(3) 二日目、いよいよ裕子さんは!

弓子さんと小島が大阪観光を楽しんでいるその時、裕子さんと五十嵐は「誰もがくらせる地域づくりフォーラム2013」の会場、いたみホールにおりました。
今回の旅のメイン(のはず)の会場です。

開会の10時に間に合って、二人は到着。さっそく裕子さんには、この日担当してくれる、優しそうでしかも若い、つまり裕子さんの大好物なヘルパーさんが二人、ついてくれました。主催者である、「しぇあーど」さんのスタッフです。

裕子さんと五十嵐の出番は午後の2時10分から。それまでには企画が二つ。
一つ目はこのフォーラムのメインと言っていいでしょう。NPO法人リターンホームの大山良子さんと、りべるたす株式会社の伊藤佳世子さんによるお話し『「暮らす」というコト』。
お二人の、やるときゃやるぜ!な日々については、医学書院のホームページで連載されている「おうちにかえろう」(URLは下記です)でお読みください。
http://igs-kankan.com/article/2013/05/000758/

昨夜は一睡もせず、要するに絶好調の裕子さん。いつもだと、我が儘モード全開で、会場になどいられないのですが・・・。

20130915ba.jpg
写真提供 しぇあーど
http://www.kangaeyo-kai.net/

うれしそうに、大山さんと伊藤さんのお話しを聞いています。
お話の内容はとても深くて、とっても重い事柄も話されていたのですが、お二人の声が心地よかったのでしょう。この笑顔です。
講演会の類は大嫌いで、いつもは大騒ぎして、退室するのが常の裕子さんですが、この日の裕子さんは別人のようでした。

優しそうで若い二人にご飯を食べさせてもらって、午後の部の最初は『お楽しみコンサート「前例がなければつくればいい」』。
青野浩美さんの歌と、新真由美さんのピアノです。
これ、すっごくよいです。しぇあーどさんのテーマ曲「生れてくれてありがとう」のお披露目だったのですが、YouTubeにその映像があるので、どうぞ下記をクリックしてお聴きください。裕子さんの声も聞こえてきます。
生れてくれてありがとう

歌詞の意味なんてまるでわからないけれど、裕子さんにはそんなことは関係ないのです。一緒に歌いたいと思ったのでしょう。青野さんの歌声が、なんだかうれしくて、うれしくて・・・。

ご機嫌なまま2時10分を迎えた裕子さん。
いよいよ、五十嵐と揃って登壇しました。これから一時間ほど、ばおばぶのこととか、裕子さんのこととかを話すのですが・・・。
これまで裕子さんと一緒に登壇すると、真面目なことが超苦手な裕子さんは、5分ともたずに大騒ぎをしてステージを下り、そのまま退室・・・。この日も二人並んでステージ上にスタンバイすると、さっそく「あっちいけー!」とばかりに、五十嵐を手で押して追い払おうとします。
司会の人に紹介されて、僕ら二人の時間がはじまりました。
裕子さんが退室になるまでの大騒ぎ時間を稼ぐために、最初は当たり障りのない、どうでもいい話しをするのですが、意外に静かな裕子さん。
これは、真面目な話しをしている時に大騒ぎがはじまる、最悪のパターンかな・・・、と心の中で諦めながら、五十嵐は本題に入り始めました。
「理解なんていらない。ぼくら普通に暮らしながら、相手のことなんて理解していなくても一緒に暮らしたり、遊んだりしてるでしょ。どうして障害を持つ人相手だと、理解なんていうことを持ち出すのでしょう・・・」みたいなことを話していたのですが、やっぱり静かな裕子さん。
な、なんと、眠っているではないですか!

証拠写真!

20130915bb.jpeg
写真提供 伊藤さん@りべるたす株式会社
http://www.libertas-mail.jp/

お前は、高田渡か! というツッコミをグッとおさえて・・・。
やられました。まさか眠ってしまうとは・・・。
でも、考えてみると、僕がこの日話したこと、たとえば「理解なんて無くても一緒にいられるんだぜ」みたいなことは、つい数十分前に「歌詞の意味が分からなくても一緒に歌いたければ歌えばいいんだ」と裕子さんが見せてくれていたことです。
僕が話していることなんて、裕子さんや弓子さんや、うちに来てくれるみんなが日々見せてくれて、教えてくれていることであって・・・。
と、すると、裕子さん的には「私達が日々教えていることを、五十嵐はちゃんと話せているかな」という監督気分なのでしょう。
寝てるっていうのは、「まぁ、ちゃんと話せているみたい」と安心したっていうことで・・・。
この時の、眠りにつく裕子さんと、まじめに話しをする五十嵐の図も、YouTubeでご覧いただけます。
下記の「しぇあーど」さんのページで、どうぞ。
http://www.kangaeyo-kai.net/chiiki/chi130922_1.html
裕子さん&五十嵐は17番と18番です。

フォーラムは、オオトリのお話し、西宮市社会福祉協議会の清水明彦さんの『「白い革命」というモノ』で終了しました。
「保護的に始末する装置から共に逃げ、相互の主体性に向かう」とか、とっても共感できる内容でした。

ロビーでは、素敵な本やカレーや、あれこれが売られていました。
『三人暮らし』の本も、フェミックスのカンノさんが販売をしてくださいました。
ありがとうございました。
フェミックスのホームページはこちらです。
http://www.femix.co.jp/
我が家でも講読している雑誌『We』や、素敵な書籍を発行しています。

20130915bc.jpg
フェミックスのカンノさん

20150915bf.jpg
おのくん人形は完売でした

写真のチラシは、「おのくん」のご案内です。残念ながら、本体(本人)を購入できなかったので(里親になれなかったので)、チラシで紹介します。
「おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の住処であった奥松島の復興を願って生まれたキャラクター人形です」とのことです。
ホームページがあるので、どうぞご覧ください。
http://socialimagine.wix.com/onokun
我が家では、帰宅後FAXで申込みました。届くのが楽しみです。

フォーラムの様子については、いらした方たちのブログで、もっとちゃんと見ることができます。わかる範囲でお知らせします。

ニーマンピック病C型(NPC)〜脳が消えてなくなっていく病気
http://blog.canpan.info/npc-nana/daily/201309/16

たいちゃん(筋ジス)と私の物語
http://plaza.rakuten.co.jp/warm318embrace/diary/201309160001/
http://plaza.rakuten.co.jp/warm318embrace/diary/201309180000/

オカンのボランティア日誌
http://okan0327.blog29.fc2.com/blog-entry-1319.html

かなこのブログ
http://ameblo.jp/kana-v0u0v-k/entry-11615275697.html

さてさて、フォーラム終了時には、大阪観光を楽しんでいた弓子さんと小島も会場に合流しました。
そして、我が家の4人はそろって、懇親会へ。

20130915bd.jpg
ビールも美味しかった長寿蔵

なんだか、とっても有意義なフォーラムでした。
同じ時間を共有した人達が、集まって・・・。
って、当たり前のようにビールを飲んでいる弓子さんと小島は、大阪観光をしていたわけで。会場にいた裕子さんも、肝心な時に寝ていたわけで・・・。なのに、自分が主役のような顔をしてビールを飲んでるし。

みなさん、本当にお世話になりました。
ありがとうございます。
こんな四人暮らしの我が家ですが、今後ともよろしくお願いします。

そして、主催のしぇあーどさんは、10周年とのこと。
おめでとうございます!
posted by 五十嵐正人 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あっち、こっち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375519830

この記事へのトラックバック