2013年04月29日

バリ島に行きました

1.jpg

今年は、バリ島に行ってきました。
「社会就労研究会バリ島視察旅行」ということで、千葉県の障害を持つ人の働きを支援する人達有志による旅行に、今年もご一緒させていただきました。
昨年のラオス研修の様子は、右カテゴリーにある「ラオス 2012年1月19〜23日」でご覧ください。

2.jpg

昨年は、小乗仏教&社会主義国のラオスで障害福祉はどんなふうに成立しているのだろうか? という興味を持って参加しました。
今回のバリ島は、ヒンドゥー教の地です。しかし、属しているインドネシアという国全体はイスラム教国なので、ちょっと特別な感じです。事前に持っていた知識は、そんなこんなでインドとは異なるバリ・ヒンドゥーという若干緩い感じのヒンドゥー教の地、という程度。
とはいってもカーストはあるのでしょうから、その制度下で障害を持つ人達はどのように暮らしているのかが、僕なりのテーマでした。
そんなこともあって、今回の旅行は「インドネシア研修」ではなく「バリ島研修」という位置づけです。

3.jpg
街のところどころに、ヒンドゥー教をモチーフにしたモニュメントが

宿泊したホテルは、南部のクタにあるアストン・クタ・ホテル&レジデンス。

11.jpg

バリ島の食事は、

9.jpg
たぶん、ナシチャンプル

ナシゴレン(チャーハンな感じ)やミーゴレン(焼きそばな感じ)など、辛ささえ上手にコントロールすれば、僕には食べやすかったです。

ホテルのあるクタ地区は繁華街で、少し歩くとロックの生演奏をしている店や、スポーツカフェ、等々。夜でも賑やかな街で、日本でいうところの渋谷とか、そんな感じでしょうか。
バリ島自体はヒンドゥーの地なのですが、属している国はイスラム教のインドネシア。インドネシアにあってヒンドゥー教の地として認められている背景には、その独特の文化が島ごと観光資源として有効だったという背景があるのでしょう。オーストラリアが近いこともあって、いわゆる西側の国々からも多くの観光客が訪れるバリ島。
2002年には、そうした観光客を狙ったと思われる爆弾テロが、この繁華街の真っ只中で発生しました。

13.jpg
爆弾テロの慰霊碑です

何回かに分けて、今年も研修旅行の報告を書いていきます。


posted by 五十嵐正人 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | バリ島 2013年4月18〜22日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。